059-244-2222

〒510-0303 三重県津市河芸町東千里111-1

三重県津市河芸町の耳鼻咽喉科・気管食道科

TOPごあいさつ医院紹介診療案内アクセスインターネット診療受付予約

スタッフ便り

携帯サイトへは左のQRコードを読み込んでアクセスいただけます。

インターネット診療受付予約(再診のみ)がん治療 教えて稻上先生!!
TOP»  スタッフ便り»  2019年»  2019年11月

2019年11月

2019年11月

長生き味噌汁

Written by  吉田

長生き味噌汁

長生き味噌汁とは、すりおろした玉ねぎに、赤味噌と白味噌、そしてリンゴ酢を加えた味噌汁のこと。味噌と言うと塩分が気になる言う方も多いと思います。味噌の塩分は食卓塩とは全く違うようです。食卓塩を摂り過ぎると高血圧になる傾向がありますが、味噌の塩分は血圧は上昇しにくいそうです。味噌成分は大豆・麩・塩を混ぜて作った発酵食品でおよそ1500種類に成分が含まれていますが、その中に腎臓から食塩を排出する成分が発見されたそうです。

▽効果
ダイエット、抗酸化作用、血糖値抑制、ストレス軽減、整腸作用、むくみ解消、自律神経のバランス改善。これだけでなく一般的な味噌汁が持つ、シミ・しわなどの予防、疲労回復、血圧抑制、胃がんなどのがん予防の効果があります。味噌汁を1日2杯以上飲む人は、味噌汁を飲まない人と比べて高血圧になるリスクがおよそ80%も低下することが分かっているそうです。

▽材料(10杯分)
玉ねぎ150g(約1個)、赤味噌80g、白味噌80g、リンゴ酢大さじ1

▽作り方
①玉ねぎをすりおろす。
②ボールにすりおろした玉ねぎに赤味噌・白味噌・リンゴ酢を加えて混ぜ合わせる。
③製氷皿に10等分して、冷凍庫で2~3時間凍らせたら出来上がり!

冷凍で2週間ほど保存可能。冷凍しても氷のように味噌はカチカチに凍らないので、調理に使う時フォークで刺せば簡単に取り出せます。作った味噌は冷蔵しておくよりも冷凍した方が日持ちします。

出来上がった味噌1個に対して水は目安150mlぐらいです。出来上がった味噌はいつも通り鍋で作っても良いですし、器に味噌と温かい湯を注いでそのまま飲むこともできます。具を入れずに飲むだけでも腸内環境が整うので健康に良く、1日に飲む量は1~2杯が目安です。飲むタイミングは朝から夜で時間があるときでOK。特に食事の前に飲むと血糖値が上がりにくくなるのでおすすめだそうです。ただ、長生き味噌汁はやや薄味なので物足りなさを感じる人もいるそうです。薄いと感じる人は市販のだしの素で補うことも可能です。長生き味噌汁に入れる具材は自由です。調べてみたら珍しいレシピがたくさんありました。

じゃがいもとコーンの味噌汁や、食パンに味噌とバター・チーズをのせて焼いてトーストにしたり、豆乳を入れてスープにしたりなどと味噌汁以外にもいろんな料理に活用していて、意外なレシピがたくさんありました。またお家以外の場所でもラップに包んで、お弁当などと一緒に手軽に飲むこともできます。

作る手間は掛かりますが、健康面や美容面にはとても期待できそうなので、
これから寒くなる季節にはぴったりだと思います。

2019-11-12 11:11:00

2019年

 
PAGE TOP