059-244-2222

〒510-0303 三重県津市河芸町東千里111-1

三重県津市河芸町の耳鼻咽喉科・気管食道科

TOPごあいさつ医院紹介診療案内アクセスインターネット診療受付予約

スタッフ便り

携帯サイトへは左のQRコードを読み込んでアクセスいただけます。

インターネット診療受付予約(再診のみ)がん治療 教えて稻上先生!!
TOP»  スタッフ便り»  2019年»  2019年6月

2019年6月

2019年6月

Written by  牧野

6月4日から10日まで歯と口の健康週間です。厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施している週間です。
この週間は歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与することを目的とされています。
歯の健康には、虫歯対策が最も大切。しっかり歯磨きすることはもちろんですが、食生活や食育も重要です。虫歯は細菌による感染症の一種ですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。成長につれ親や周囲の人の口内から感染して虫歯になるので、子供だけでなく周囲の人も虫歯予防に気を付ける必要があります。
8020(ハチマルニイマル)運動…1989(平成元年)より厚生省と日本歯科医師会が推薦している「80歳になっても20本以上自分のはを保とう」という運動です。20本以上の歯があれば食生活にほぼ満足できるといわれており、そのため「生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」という願いを込めて運動が始まりました。

歯の寿命を延ばすためには
 
1.  規則正しい食生活をおくる…虫歯菌は食事のたびに酸を出し、この酸が歯を溶かして虫歯になりやすい環境を作ります。虫歯菌の好物は甘い砂糖です。そのためだらだらと間食したり、甘い飲み物をちょこちょこ飲んでいたりすると口の中は常に食べかすだらけで酸性の状態が続き、虫歯になりやすくなります。1日3食の規則正しい食習慣をし、間食やし好品はできるだけ控え、食べたらうがいや歯磨きをするなど心掛けましょう。

2.  カルシウム、ビタミンD、タンパク質を摂る。…丈夫な歯を作るには原料となるカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンD、歯の土台を作るたんぱく質などを合わせてバランス良く摂ることが大切です。

3.  一口30回噛む…現代は軟らかいものを食べることが多くなり、噛む回数が減ってきているといわれています。よく噛むことは唾液の分泌を促して口の中の汚れを洗い流し虫歯菌の作る酸を薄めて虫歯になりにくくする効果があります。また、あごが発達し永久歯の歯並びが良くなる。情緒の安定、脳の活性化(認知症の予防、知育を助ける)、食べすぎ、肥満の防止など様々な効果が期待できます。一口30回噛むことを目標に、お子さんと家族の方と数えながら食べてみるのはいかがでしょうか。
 

2019-06-04 10:52:00

2019年

 
PAGE TOP