059-244-2222

〒510-0303 三重県津市河芸町東千里111-1

三重県津市河芸町の耳鼻咽喉科・気管食道科

TOPごあいさつ医院紹介診療案内アクセスインターネット診療受付予約

スタッフ便り

携帯サイトへは左のQRコードを読み込んでアクセスいただけます。

インターネット診療受付予約(再診のみ)がん治療 教えて稻上先生!!
TOP»  スタッフ便り»  2019年»  2019年4月

2019年4月

2019年4月

Written by  橋本

今春はスギ花粉の飛散が例年より多く、いつもは市販薬で乗り切ったり、症状は有ってもそのまま放置していたという人も、今年ばかりは耐え切れず来院された方もたくさんみえました。

アレルギー性鼻炎には、ハウスダスト、ダニ、カビなどが原因で季節にかかわりなく起こる通年性のアレルギー性鼻炎と、

花粉が飛んでいる一定の季節に限ってくしゃみ、鼻水、鼻詰まり目の痒みなどの症状が出る季節性アレルギー性鼻炎の2つがあり、一般的に花粉症とよばれる原因に、スギやヒノキ、ブタクサなどがあり、それらアレルギーの原因を鼻から吸い込んだことにより発症します。

アレルギー性鼻炎の治療

多くの人は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりと言った症状を薬を使って和らげる薬物療法(対症療法)で毎年乗り切ってこられているとおもいます。
もう一つアレルギーそのものを治療する事でアレルギーの原因に対して体質改善が期待出来るアレルゲン免疫療法があます。

アレルギー免疫療法

アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与し、身体をアレルゲンに慣らしていく事で症状を抑えたり和らげまりすることができる治療です。
アレルギーの原因であるアレルゲンのエキスを用いて治療します。
現在スギとダニに対しての治療があり、舌の下にお薬を置き1分間保持した後飲み込むという治療です。(舌下免疫療法)
1日1回少量の治療薬の服用から始め、その後一定量を数年間にわたり継続して服用します。
3年以上が推奨されています。

スギ花粉症の場合、スギ花粉が飛んでいる時期を避けて、一方ダニアレルギーの場合は時期問わず始められます。

舌下免疫療法をおこなうことで、アレルギー症状を抑えたり、和らげたりして、薬の使用量を減らせて生活の質(QOL)の改善も期待できます。
毎年つらい思いをされている方は、一度相談して下さい。

 

2019-04-04 12:45:23

2019年

 
PAGE TOP