059-244-2222

〒510-0303 三重県津市河芸町東千里111-1

三重県津市河芸町の耳鼻咽喉科・気管食道科

TOPごあいさつ医院紹介診療案内アクセスインターネット診療受付予約

スタッフ便り

携帯サイトへは左のQRコードを読み込んでアクセスいただけます。

インターネット診療受付予約(再診のみ)がん治療 教えて稻上先生!!
TOP»  スタッフ便り»  2018年»  2018年1月

2018年1月

2018年1月

お正月について

Written by  川北

明けましておめでとうございます。
今年の干支は戌ですね。干支について調べてみました。

十二支は、もともと中国の殷の時代(紀元前1500年頃)に、一年を12ヶ月に分けた月の呼び方として使われはじめました。

子…子孫繁栄、財
午…豊作、健康、陽気
丑…転換、堅実、粘り強さ
未…平和・安泰、穏やかで人情に厚い
寅…始まり、才如
申…器用、臨機応変
卯…温厚、家内安全、跳躍
酉…親切、収穫
辰…生の活動、正義感
戌…勤勉、安産
巳…生命力、情熱、財
亥…勇気、直進、無病息災

日本では、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」の十二種類ですが、外国では一部異なります。
たとえば、日本では「猪」の字は「イノシシ」を意味しますが、中国では「豚」を意味しています。また「うさぎ」が「猫」のところも多く、ベトナムでは丑は「水牛」、卯は「猫」、未は「山羊」、亥は「豚」だそうです。

もともとお正月というのは、新しい年の穀物の実りをもたらし、
子孫繁栄を見守ってくれる年神さま(歳徳神)をお迎えする行事です。
江戸時代までは、自宅で厳かに年神さまを迎えるのが一般的な元旦の過ごし方。
初詣は、その後の祭日などに氏神さまにお参りしていました。
それを明治政府が、国家神道を唱え、政策として初詣を推奨した結果、
お正月早々の初詣、そして有名寺社へのお参りされる方が多くなったといわれています。

鏡開き
「鏡開き」とは正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事となっています。鏡餅を食べることは「歯固め」と呼ばれていて、その年の始まりに硬いものを食べて歯を丈夫にすることによって年神様に長寿を祈る意味も込められているそうです。また、縁起の悪い「切る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使ってより縁起のいい言葉を使うようにしているそうです。鏡餅を割った時の割れ方でその年の運気を占う地方もあり、鏡餅に割れ目がたくさんあればあるほどその年は豊作になると言い伝えられているそうです。
 

2018-01-11 10:53:43

2018年

 
PAGE TOP