059-244-2222

〒510-0303 三重県津市河芸町東千里111-1

三重県津市河芸町の耳鼻咽喉科・気管食道科

TOPごあいさつ医院紹介診療案内アクセスインターネット診療受付予約

スタッフ便り

携帯サイトへは左のQRコードを読み込んでアクセスいただけます。

インターネット診療受付予約(再診のみ)がん治療 教えて稻上先生!!
TOP»  スタッフ便り»  2017年»  2017年7月

2017年7月

2017年7月

七夕

Written by  川北

七夕

棚機(たなばた)という神事が「たなばた」の起源
昔、日本の禊の行事として「乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらう」という神事がありました。
その乙女を「棚機女(たなばたつめ)」そして、着物を織る織り機を「棚機(たなばた)」と言っていました。時とともに、この行事がお盆を迎える準備として、「7月7日の夜」に行われるようになりました。
ここから、現在「七夕」を「たなばた」と当て字で読む由来が来ているのです。

 

短冊に願い事を書く理由
文字習得が盛んになった江戸時代から始まった習慣。
里芋の葉っぱに溜まった露を集め、その露で磨った墨で願い事を書くと、文字の習得が上達すると言われたのが始まり。その後、短冊や色紙に願い事を書き、笹に吊るすようになったのです。

 

笹竹を立てるようになった理由
笹はまっすぐに延びて成長し、その葉の擦れ合う音は神様を招くと考えられていました。
その音で天上に住むとされる先祖の霊が、地上に降りてくるように始めたのがきっかけだそうです。

 

なぜ短冊は五色なのか
短冊の五色は、中国の陰陽五行説が元となっています。
陰陽五行説とは「木、火、土、金、水の5つの要素が、世の中の根源である」という考えで、木は青、火は赤、土は黄、金は白、水は紫と色が決まっています。
このことから、短冊の色は陰陽五行説にちなんで、五色となっており、色によって意味が違います。
・青は人間力を高める
・赤は両親や先祖に感謝する
・黄は人間関係を大切にする
・白は義務や決まりを守る
・紫は学業の向上
となっています。

よって、短冊に願いごとを書く時は、この意味に近い色を選ぶのがよいとされています。

2017-07-01 20:33:00

2017年

 
PAGE TOP