059-244-2222

〒510-0303 三重県津市河芸町東千里111-1

三重県津市河芸町の耳鼻咽喉科・気管食道科

TOPごあいさつ医院紹介診療案内アクセスインターネット診療受付予約

スタッフ便り

携帯サイトへは左のQRコードを読み込んでアクセスいただけます。

インターネット診療受付予約(再診のみ)がん治療 教えて稻上先生!!
TOP»  スタッフ便り»  2017年»  2017年3月

2017年3月

2017年3月

桃の節句

Written by  橋本

桃の節句
「須坂市観光協会」より出典

桃の節句の歴史は古く、平安時代の貴族が薬草で身体の穢(けが)れをお祓いして、健康と厄除けを願う「上巳(じょうし)の節句」が始まりとされています。
上巳とは、3月上旬の巳の日をいい、節句には季節の変わり目という意味があり、古来の日本では節句ごとに厄払いをする風習がありました。
上巳の節句では、紙や草やわら等で作った人形(ひとがた)を身代わりにして川に流すことで、厄払いや健康を祈願してきたのです。
また一方で、貴族の子供たちの間では、「ひいな遊び」というものが流行っていました。今でいうおままごとのようなもので、ひいな=ひなは、小さくてかわいらしいものという意味で、このひいな遊びに使われてきた紙の人形と、厄払いの人形(ひとがた)が合わさったものが、流し雛として川に流されるようになりました。
立派な流し雛が作られるようになると、川に流すのをやめて、飾るようになったそうです。
江戸幕府が3月3日を「桃の節句」と定め、ひいな遊びや人形という点から桃の節句は女の子の物という考え方が定着したと言われています。
ではなぜ、桃の節句というようになったのでしょうか?
旧暦の3月3日は桃の花が咲くころで、桃は魔除けの木とされており、上巳の節句は厄払いや健康祈願をする日とされていたので、いつしかこれを桃の節句とよぶようになったそうです。

さて、今年は我が家も雛人形を飾りました。部屋がとても華やかに明るくなりました。
新聞で、長野県須坂市の世界人形博物館で「三十段飾り、千体の雛飾り」が展示されているとあり、先日行ってきました。雛壇は全国から寄贈された人形が高さ6m、幅6m、奥行き6m、ぼんぼりや桜の木飾りで大小2つのハートを形作る演出がされていました。
遠方ですが、一見の価値ありですよ!

須坂アートパークでは、「三十段の雛飾り 」を世界の民俗人形博物館と須坂版画美術館の2館で展示。
歴史的建物園に飾られるお雛様と合わせて、約6,000体の雛人形を展示します!

開催期間:平成29年1月19日(木)~4月16日(日)※期間中無休
       <版画美術館・歴史的建物園は5月7日(日)まで展示>
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入 館 料:500円(中学生以下無料)※20名様以上団体2割引
(世界の民俗人形博物館・須坂版画美術館の共通券) ※通常展示の際の入館料とは異なります。

2017-02-28 12:56:06

2017年

 
PAGE TOP